YaguLog

山口県からの不定期日記

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さくら

ちょっと前に行った花見の画像を・・・

20060407223553.jpg

毎年毎年、何度見てもキレイですね桜は。
暖かな春の陽気に誘われてぶらりと散歩しながら回ってまいりました。

最初に行ったのは維新公園の弓道場の近く

20060407232006.jpg

ここは芝生が一面に生えてるんでゴロゴロと寝ながら花見をしてる人が多かったですね。天気の良い日の花見を皆さん満喫しておられました。

次に行ったのは、ご存知『瑠璃光寺・五重塔』

20060407223511.jpg

ここはやはり観光名所。山口にこんなに人がいるのかと(笑)思うほど人がいましたね。桜も綺麗で空も綺麗。良い雰囲気でした。

最後は一の坂川の桜

20060407223614.jpg

橋が新しくなってて、ちょっと新鮮でした。
商店街の近くのパーキングに車を止めて、『宝来屋』でカヌレとシュークリームを買いブラブラと歩きながら端から端まで一往復。十分歩いて小腹が空いたら図書館のベンチに座ってホノボノしながらカヌレとシュークリームを食べてエネルギーを補給。(ここにも桜がたくさん)

去年は夜桜メインで、じっくりお昼に歩く機会が無かったので今回は新鮮な気分になりましたね~。去年の記事にも書いてありますが、維新公園以外は夜もライトアップされてて昼とは違った雰囲気で桜が楽しめますよ。
この土曜と日曜が見納めになるのかな?予定が無い方は行ってみては?
結構いい気分転換になりますよ~♪

| 山口観光 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

洞窟探検 その後

美川ムーバレーでの洞窟探検を終えて
メンバー全員が謎の頭痛に陥り
楽しみにしていた『力寿司』が定休日だという事実を知り
テンションが下がる中、目的を観光にシフトチェンジ

まず最初に行ったのは美川ムーバレーから車で10分
『岩屋観音』の脇にある水車(昔は大きさ日本一)

まずは車をふもとにある駐車場に止めて
ちょっとした坂道を登って岩屋観音へ

角度60度ぐらいあるちょっとした坂道を・・・

目的に着く頃には汗はダラダラ、軽い息切れ。
坂道を登る途中から姿が確認できた水車は近づくにつれだんだんと大きくなっていきました。
近くで写真を撮ると全体が入りきらないほどの大きさ
suisya.jpg

水車の名前は『観音水車でかまるくん』
いやぁ・・・いい名前だ。
しかもこの水車大きさの割りに回る速度が速いような・・・

水車のそばには蕎麦屋さんがあったんですが時間が早いのでここでの食事は断念。

次に向かったのは『錦帯橋』
岩国に行くんならここは押さえとかないと!
kintaikyou.jpg

錦帯橋を生で見たのは久しぶり、そして橋の架け替え作業が終わってからは初めて見たので新鮮でしたね。

とりあえず近くにあるお土産屋さんに足を運び店内を物色。
う~ん、目を引くものは特にナシ(笑)
とりあえず疲れた体を癒すためにオロナミンCを全員購入。
オロナミンCを片手に店のおじさんに近くにおいしいものが食べられるところはないか?と聞き込み調査開始

しばらく考え込んだおじさんの口から出た言葉は
『山賊がいいんじゃない?今から行けばちょうど日も暮れるし』
そうか、山賊があった!ありがとうおじさん!

新たな目的地も決まりテンション復活。
気付けば頭痛も治まってる・・・

車を走らせること約1時間
ついに目的地の『山賊』に到着!
sannzoku-hiru.jpg

相変わらず派手!(笑)
ここはなんて説明すればいいんだろ・・・
居酒屋なのかな?でもちょっと雰囲気が独特。
お土産屋さんみたいなのもあるし。

簡単に言うと夏祭りを年中やってるようなところです(笑)
メニューも鮎の塩焼きだったり山賊焼き(鳥の足を串に刺して焼いたもの)だったり豪快なものが多いです。
豪快といえばここの『山賊むすび』これはデカイ
おむすびが重いんです(笑)
山賊焼きと山賊むすび、この二つを注文すれば大丈夫でしょう。

店内?の様子はこんな感じ
sannzoku-syokuji.jpg

屋根なんて野暮なものはありませんよ
大自然で独特な雰囲気で食事をするのが山賊です(笑)
開放感ありずぎる居酒屋かな?
夜になるとそこら辺にある提灯がぼんやり光っていい感じです。(いろんなものが光ってますが)

入り口が夜になるとこんな感じです
sanzoku-yoru.jpg

居酒屋じゃないや(笑)

山賊を余すとこなく堪能して帰宅。濃度の濃い一日でした。
山口県、車がないと正直きついです(笑)

| 山口観光 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

洞窟探検

月曜日に岩国市近郊の「美川ムーバレー」に行ってきました。

前々から気になっていたのですがようやく現地に行くことができましたよ。
↓のサイトを見てもらえば分かるんですが
http://www.muvalley.com/

マップを頼りに地底王国の17箇所のチェックポイントをまわり、入り口で与えられた金属片と古地図を使って7人の使者が世界各地に残した遺跡を探し出すための手がかりを見つけていこう。


といった感じで洞窟を探検しながら謎を解く
藤岡弘、もワクワクしそうな施設でございます。

現地に到着したのがお昼過ぎ
洞窟に入る前にまずは腹ごしらえだっ!ってことでその辺にあるレストランを回ってみる。

一軒目の食券売り場
tumami.jpg

最近テレビで見ない名前を偶然発見してややテンションが上がる。
しかし食べたいものが無い・・・

二軒目、焼肉屋さん
今日の晩飯は『力寿司』を食べに行くという重大なミッションがあったので重たいものはスルー。

三軒目
もう洞窟への入り口は目前。これより先にレストランは無いので妥協して一番安いラーメンを食べる。
食券を買いラーメンを受け取りに行くとすぐそばにこんなポスターが
softcream.jpg

真ん中のソフトクリームの画像が新人アーティストになっても大した違和感が無いようなキャッチフレーズに引かれソフトクリームを合わせて購入。

お腹も潤ったところで洞窟に侵入開始!

いやぁ~涼しい!夏は洞窟に限る!
こんな言葉が自然に出てくるほど洞窟の中は涼しかったですね。

サクサクと探検も進み半分ぐらいいったところでしょうか?
洞窟に入った直後は涼しいと言っていたメンバー全員の体感温度が涼しいから寒いに・・・
しかしその寒いという感覚も次第に麻痺して探検を進める。
洞窟での謎解きが全て終わり一同外へ

今度は暑い・・・溶けるぐらい暑い。

そして30分後、一同頭痛を訴える。
もう謎だとか洞窟だとかどうだっていいです・・・
頭痛が無ければそこそこ面白い施設だったと思うんですが。

頭痛と戦いながら今日の重大ミッションの一つ
『力寿司』を食べるために車に乗り込む。
とりあえず電話して席が空いてるか調べようと何度も電話をしたんですがつながらない・・・
友人に頼んでネットで調べてもらうと

月曜定休日・・・

どうしても寿司が食べたくて他の店も探してもらいましたが
全滅(T.T)行きたいところは定休日。

テンション下がる車の中
食べ物がダメなら観光名所で勝負だ!ととりあえず車を走らせたのでした。

明日につづく...

| 山口観光 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花見終了

帰ってきました!
出発当初の天気は雨、夜桜から雨桜にネガティブな変更をしたまま車を走らせたわけですが・・・
目的地に着く頃には雨も上がり、花見をする事が出来ました。

まず最初に行ったのは「一の坂川」
sakura2.jpg

ここは川があってその両サイドに桜が咲き誇ってるんですが、この画像だと暗くてよくわからないですね・・
夜もライトアップしてあって桜は綺麗だったんですが、ここはポカポカした昼間に近くにあるお餅やさんで餅でも買って川沿いをブラブラと散策するほうが良いかもしれませんね。

次に行ったのは「瑠璃光寺・五重塔」
sakura3.jpg

ここは桜というより主に五重塔に照明が・・・
画像も左下に桜がちょこっと(笑)
ここは桜というよりは塔を見に行ったというほうが正解かもしれせん。
話はそれますがココに「うぐいす張りの石畳」という石畳の上で音を鳴らすとその音が反響する不思議な石畳があります。
これは静かな夜に行ったほうが反響具合が良く判っていいと思います。
ただ、行くまでちょっと怖いですが・・・

最後に行ったのは「維新公園」
sakura1.jpg

ココは絶対に昼間に行かないとダメです(笑)
まさに夜の公園、真っ暗でした。
何とか街灯のそばに咲いてる桜を撮る事が出来たんで一応紹介します。

今回3ヵ所を回ってみた個人的な感想は
一の坂川以外は昼のほうがイイ
ですね...ま、その時の気分にもよるんでしょうけど。
でも雨降らなくて本当に良かった。お天道様に感謝です。

| 山口観光 | 01:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。